当社には社長を名乗る者はいません。(登記上の代表取締役はいますが)
一見無責任な体制に見えるかもしれませんが、むしろ各自の能動性を
引き出すには良い体制だと思っています。
当然リーダシップは必要です。
現在の社会規模(お互いの行動を直接観ることのできる)において
必要とするリーダーシップは、自ら提案・要請し、自ら先頭に立ち行動し、
結果に対し最善の対処を試みる(最後まで責任を取る)行動のなかで、
他のメンバーの協力と信頼を得る能力だと、私達は考えています。
行動が伴う以上、一人の人物が、社会の全領域をカバーする事は出来ません。
課題・仕事ごとに、最もやる気のある者が、リーダーとなるのが自然だと考えます。
経験や年齢は、原則として問題にはなりません。
会社の長としての肩書きは、今のところ必要とはなっていません。
現在は、肩書きとして『室長』というのがあります。
仕事のグループとして第1設計室、第2設計室、総括室の3つがあり、
グループのまとめ役として自らかって出た者を『室長』としています。『室長』は、
年度の始めに「目標と達成するための計画」を提出し、方針を明らかにして、承認を受けます。


第1設計室 第2設計室